ご挨拶

Message

ご挨拶

手のぬくもりを「モノづくり」に生かす いま、わが国の多くの製造現場では、FAが加速し、産業用ロボットが主役として稼動しています。 しかしながらロボットでは、人間の感性・感覚を生かした微妙な感応による製品の味わいの創出、 そして品質の見極めまで期待することは、まず難しいのではないでしょうか。

これらを担うのが、人間の技能=SKILLと感性=SENSIBILITYこれからの時代、 SKILLとSENSIBILITYこそ高付加価値製品を生み出す大きな力になるものとわれわれは確信しています。

代表取締役 谷口輝義

社長インタビュー

創業40余年、社員とともに協和精工を現在の姿につくりあげた谷口輝義社長は、未来へと心を託す

社長は語る―

「お得意先の要望にお応えする」ことを常に大切に、ひとつひとつ誠意をもって仕事に当たってきたことが、結果として「組み立て請負から一貫生産まで」や「クリーンルーム」というわが社の強みへとつながっています。「メイド・イン・ジャパンを死守しよう」という私の思いは現場の女性たちの「手」と「目」に支えられています。今後は、海外を見据えた仕事をしていきたいと思います。具体的には、海外企業にわが社の「日本品質」を認めてもらい、お得意先としてご要望にお応えしていけないだろうかということを考えています。 そして、最終的には「協和精工」ブランドで完成品を世に出せたら、という夢を抱いています。……そのためには、ひとつひとつ誠意をもって「納期」「品質」を守っていくしか道はありませんね。

メールでのお問い合わせInquiry

お電話でのお問い合わせはこちら 048-794-5575 平日9:00~17:00

ページTOPへ戻る